人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い 

広告

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いについて

あなたの車にかけている任意保険には人身傷害保険特約と搭乗者傷害保険はついてますか?

もし2つの特約がついているなら、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いはわかりますか?

もし交通事故にあってしまった場合、または交通事故を起こしてしまった場合にあなたの力になってくれるかもしれない2つの特約について説明していきます。

 

人身傷害保険とは?

人身傷害保険について簡単に説明しますと、

車にかける任意保険の特約ののひとつです。任意保険を契約している車両に乗車中の交通事故により搭乗中の人がケガや死亡した場合に過失割合にかかわらず設定保険金額上限まで補償してくれる保険です。

人身傷害保険特約で補償の中身としては、怪我の治療費や通院費はもちろんですが、休業損害はもちろん通院慰謝料も支払われます。(金額は保険会社により違いあり)

過失割合は関係なく補償されるので、10対0の交通事故で加害者になってしまった場合や自損事故でも、怪我の治療費や慰謝料が支払われます。

人身傷害保険利用時の慰謝料は各保険会社で違いはありますが、自賠責保険の通院慰謝料の基準に近い場合がほとんどです。

 

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは保険契約車両乗車中の怪我に対して支払われる保険です。以前は日額数千円×通院日が補償されるタイプの保険でしたが、現在は部位や怪我の度合いで金額が固定されている保険契約がほとんどです。

この支払い方式を、部位別症状払いといわれ各保険会社によって違いはありますが多いパターンは5日以上治療を受けた場合は捻挫5万円・骨折で30万など部位や症状で決まった額が支払われます。

治療日数が五日に満たない場合は1万円が支払われる場合が多いようです。

 

人身傷害保険特約はつけておいた方がもしもの場合に非常に助かります。相手がもし無保険な貧乏人や、盗んだバイクで走りまくるクソガキにぶつけられた時も十分治療にかかれますし、慰謝料も支払われます。余裕がなければ無理してまでは搭乗者保険はつけなくてもいいような気がします。搭乗者保険省いても弁護士特約はつけておいた方がいいですよ。

 

入っててよかった人身傷害保険

例えば5対5の交通事故であなた自身に5割の過失があるとします。

示談がこじれていたりすると、治療費などが相手側から支払われない場合もあり治療費が自腹になったとしますね。その場合には自分でかけている人身傷害保険に支払いをしてもらい示談後に保険会社同士で調整してくれるというパターンになります。

相手の対応を気にせずに、本来必要な治療を受けることができるのです。

 

 

人身傷害保険で歩行中や家族まで補償される?

 

加入保険会社や特約のつけ方により適応されるかどうか変わりますがこんな補償もされることがあります。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA