交通事故紛争処理センターに行っちゃいえばいいじゃな~い

広告

交通事故紛争処理センターに行っちゃいえばいいじゃな~い byMC侍aka葉っぱ陽区

交通事故の示談に不満がありイライラしていたMC侍aka葉っぱ陽区はおかんに交通事故紛争処理センターの存在を知らされました。その時の体験を皆さんにシェアできればと考え交通事故紛争処理センターの体験談をリアルにライムしていきます。

まずは交通事故の状況をお伝えするぜ~

  • 横断歩道をルンルンで歩いているところを車にはねられる
  • 10対0で過失なし
  • 幸い骨折はなく頸椎捻挫と腰部打撲の診断書
  • 5か月程通院し治癒にて終了
  • 通院期間はいい感じに通院したので、150日間

 

示談しようと保険会社の示談書を見て慰謝料はこんなもんなのか~とため息交じりに、通院慰謝料は63万と記載された、示談書にハンコ押そうとした瞬間。玄関のチャイムが!
そこに現れたのは保険代理店勤務から帰宅してきたおかんでした。あんた死んだお父ちゃんの遺言で保証人なるなとあれほど言ったのにと、交通事故の示談書を何かの保証人と勘違いしたようで部屋中を暴れまわりました。その後、事情を説明し冷静にさせ事情を説明するとおかんが一言。

「交通事故示談の時は交通事故紛争処理センターへ行かな損やで~」これがおかんと話した最後の言葉となりました。おかんはその後若い男と蒸発しました。

それから私は母の面影を追うように交通事故紛争処理センター(通称・紛セン)に通いました。

公益財団法人交通事故紛争処理センターとは、裁判所以外での紛争解決機関(ADR)です。嘱託弁護士により3回の相談で、交通事故の紛争の和解のあっせんを進めていきます。

紛センのリアルな流れですが、よく弁護士事務所のサイトなどに申し込み後面談まで1か月程度かかると記載されていますが、MC侍がさいたまの紛センに電話で問い合わせしたとろ明日でも予約できると言われました。
明日は無理心の準備が・・・・ あと書類の準備がまだなので1週間後に予約を入れさせてもらいました。

 

紛センの相談時に必要な書類とは?

  • 交通事故証明書

自動車安全運転センターに申請することで手に入ります。郵送でもOK
事故発生時に警察呼んでなければノー眼中 相手にもされません

  • 事故発生状況報告書

道路の状況・信号位置や色・標識の有無・それぞれの進行方向とぶつかった位置など簡単でいいので書きましょう

 

  • 相手方保険会社名が確認できる書類

加害者側の任意保険会社名、担当者又は代理人弁護士の氏名・連絡先など

  • 賠償金提示明細書

おそらく示談金の提示後に紛セン相談される場合が多いと思いますので、相手保険会社から送られてきた賠償金提示の種類を持っていきましょう

  • その他

実費で支払った治療費、証明書費用、通院交通費、家政婦、介護者などを利用した際の明細書・領収書など

 

休業損害がある場合には

 

給与所得者の場合

  • 事業主から交通事故前3か月分の給与証明
  • 休業証明書
  • 交通事故前年の源泉徴収票
  • 確定申告の控えなど

事業所得者の場合には

  • 事故の年度とその前後の確定申告書控え
  • 納税証明書など

 

人身・後遺障害についての相談の場合は

  • 診断書
  • 診療報酬明細書

 

さらに後遺障害がある場合には

  • 自賠責保険の後遺障害等級の認定を受けていれば
  • 後遺障害診断書
  • 後遺障害等級の認定結果及び理由が書かれている書面

 

死亡事故の場合

  • 死亡診断書
  • 死体検案書
  • 戸籍謄本(除籍謄本)
  • 葬儀関係の費用など

 

物損事故の場合

  • 修理費の請求書
  • 修理工場の見積書
  • 壊れた個所の写真
  • 車両をけん引などで移動した場合運搬費の請求書
  • 代車利用がある場合には使用車の領収書か請求書

 

事故車両が全損の場合

  • 代替車両の購入代金
  • 登録費用などの請求書や領収書
  • 車両の評価損を裏付ける資料

以上の種類を用意後、紛センに相談すれば平均4か月から半年程度で解決する場合が多いようです。

 

 

 

 

紛センの具体的な流れ

 

1回目の相談
被害者が紛センに対して、上記書類を提示し、損害額、賠償額等の内訳を加害者側の保険会社担当も説明する
1か月後に2回目が開催

%e7%9f%a2%e5%8d%b0%e3%80%80%e2%86%93%e3%80%80%e9%9d%92

2回目の相談
紛争処理センターの嘱託弁護士があっせん案を伝えてきます。そのあっせん案を受け入れるかどうか次回期日まで検討するよう伝えられる
1か月後に3回目が開催

 

%e7%9f%a2%e5%8d%b0%e3%80%80%e2%86%93%e3%80%80%e9%9d%92

3回目の相談
前回出されたあっせん案に対して了承し受けいれれば和解成立となります
私の場合は、ほぼ裁判基準での和解あっせんだったので、奥までガンガン受け入れた体制ヘ~イカモン!!
加害者の任意保険会社もあっせん案を了承し一見落着

基本的には自賠責準だった賠償額を裁判基準に近づけたものをあっせん案とするので被害者側はOKだす場合が思います。加害者側の保険会社もあっせん案を拒否ってもそのあとの審査会の裁定には文句つけられないため比較的あっせんでの和解成立が多いようです。

和解不成立の場合には審査会というものかけられ、そこででた裁定には被害者側が裁定を受け入れた場合には、保険会社は従わなければいけないので、結果として和解が成立します。

3回目での和解成立ならおおおそ4か月、審査会の裁定までもつれ込めばプラス2か月で半年程度決着がつくようです。

今回は歩行中の交通事故のため、自分側の弁護士特約は利用できず、紛セン様を利用するはめになりましたが、10対0のもらい事故で弁護士特約あるなら弁護士に初めから頼んだ方が早いですね。

 

  • 本日のパンチライン

交通事故で~
保険会社に~
不満があるって言うじゃない~
でもそんなの交通事故紛争処理センター
で解決しちゃいますから~斬り
残念!